古い鍵は防犯性が低いから鍵交換をしよう

高性能の鍵は沢山ある~防犯対策としているカードキーがおすすめ~ 高性能の鍵は沢山ある~防犯対策としているカードキーがおすすめ~

鍵交換で古い鍵を撤去

鍵

古いマンションやアパートのドアには、古い鍵が使われているケースが多々あります。玄関の鍵がついてることは当たり前なのですが、大切なのはその防犯性能です。昔から使われている鍵は、防犯性が低いのであまり頼りになりません。

古い鍵を使い続けている間に発生するトラブル

鍵が回らなくなったり、抜けなくなったりする
鍵を長い間扱っていると、抜けなくなることや、シリンダー内部に異常が発生し鍵が抜けなくなることがあります。そうようなことが起きてしまったらまず、シリンダー内にゴミや汚れが詰まっていないかチェックしてみましょう。ちなみに、鍵が抜けなくなったら鍵交換する以外に手がありません。
使用した際に鍵が折れる、または欠けてしまう
鍵は金属でできています。金属といえば強く折れないというイメージを持っている人もいることでしょう。しかし、金属疲労というものを起こせば、鍵が欠けることや折れることがあるのです。特に、長年使ってきた鍵は、金属疲労によって折れる可能性が高いといえます。
泥棒や空き巣に侵入される
古い鍵は、防犯性が低いといわれています。実際、ピッキングで簡単に開けられてしまうことから、最近では問題視されているのです。昔の鍵を使用している限りは、泥棒や空き巣に侵入される可能性が十分にあります。

鍵トラブルが発生した際は無理に鍵を抜かないようにしましょう

鍵トラブルが発生してしまった場合は、まず冷静になりましょう。シリンダーに鍵を差し込んで、外れなくなったのであれば、無理やり取ろうとはしないでください。無理やり取ろうとすると、最悪中で鍵が折れてしまいます。

古い鍵を長期間使用し続けると、その内折れる危険があります。長い間物を大事にすることはとても大事なことです。しかし、鍵に至ってはすぐに取り替えるようにしたほうが良いでしょう。古い鍵は処分し、新しい鍵に取り替えることで防犯性能を高めることに繋がります。

カードキーや指紋認証タイプの鍵は非常に便利

家の模型

近年では、科学が著しく進歩しています。その科学力によって、現在では様々な鍵が作られてきました。物によっては非常に高額ですが、防犯性能がとても高いという鍵もあります。昔の鍵と比べると、少し値段は高くはなりますが、その代わりに防犯性能に優れた鍵も簡単に手に入れることができます。

鍵を使わずに開けれる鍵の種類

暗証番号式の鍵

暗証番号式の鍵には、電気式と機械式の二種類あります。他にも、この暗証番号錠はタッチパネルのものや、ボタンを打つタイプのもの、ダイヤルを回すタイプなど様々な種類があるのです。暗証番号さえ覚えていれば、鍵を持ち運ぶ必要がないという利点があります。

カードキーで解除するタイプの鍵

カードが鍵の役割を持っているタイプのものです。カードに磁気層を埋め込まれており、その部分を差し込めば、扉が開くシステムです。ものによっては、センサーの上に掲げるだけで鍵を開けることができるものもあります。

指紋や顔などを使って解除するタイプの鍵

生体認証錠や指紋認証錠などがあります。これらの鍵は、非常に高い技術で作られていることから、値段も他の鍵と比べると高い傾向にあるのです。しかし、防犯性能は他の鍵と比べると高いというのがメリットといえます。

TOPボタン