鍵交換をする時はちゃんと管理者から許可をもらってから行なう

高性能の鍵は沢山ある~防犯対策としているカードキーがおすすめ~ 高性能の鍵は沢山ある~防犯対策としているカードキーがおすすめ~

賃貸住宅で鍵交換を実施する際の注意点

家の模型と鍵

賃貸物件で鍵交換をするのであれば、大家さんや管理会社への報告が大切です。この鍵交換をする時は、入居者か物件の所有者のどちらかが施工費用を負担しなければいけません。賃貸物件に住んでいる人は、鍵交換の報告だけでなく、大家さんに費用を負担してもらえないかなどの交渉もしましょう。

賃貸物件で鍵交換を行なう際の重要ポイント

基本的に鍵交換の費用は賃貸人が負担するのが一般的です
賃貸マンションやアパートで暮らしている人は、鍵交換の際に、費用は誰が負担するのかという点が気になることでしょう。基本的には、鍵交換にかかる費用は、入居者が負担する形になっています。このことを覚えておけば、料金負担を巡ってトラブルを起こすようなこともなくなるでしょう。
大家や管理会社ときちんと交渉することがとても大切です
ガイドラインでは、賃貸人が鍵交換をする際の費用を負担するという風に示されています。ですから、鍵交換をする際は、一度大家さんや管理会社と交渉してみると良いでしょう。場所によっては、この申し出が断られることもあるので、その際は潔く諦めた方が良いです。

場合によっては自分で交換を行なう方が安いこともあります

鍵交換は、貸主から不動産に依頼をして行われます。しかし自分で鍵交換をやりたいという場合は、不動産会社と話し合ってみましょう。ここで不動産会社がOKを出す可能性は低いといえます。しかし、上手くいけば自分で鍵交換を行なえることもあるので、一度話し合う価値はあるでしょう。

許可無く鍵交換を行なうとトラブルが発生する可能性が高いです

賃貸物件で住んでいる場合は、いかなる理由があっても無断で鍵交換をすることは良くありません。無断で鍵交換をして、ドアに損害を与えてしまうことなどがあれば、こちらの立場が不利になってしまいます。ですから、一度大家さんや管理会社にちゃんと連絡をして、事を進めておくようにしましょう。

賃貸住宅で鍵交換を行なう際は、このようにきちんと大家さんや管理会社と話し合いをすることが大切です。また、鍵交換をする際の施工費用に関しては、一度しっかりと話し合った方が良いでしょう。運が良ければ、大家さんや管理会社の方が費用を負担してくれることがあります。

TOPボタン